時の鐘

-

ジャンル歴史的建造物

共有する

川越のシンボルである時の鐘は、川越城の城下町の面影を色濃く残す建物で、400年ほど前の川越藩主によって作られた。

6時、正午、15時、18時の1日4回鐘が突かれ、川越一番街の商人たちに時間を知らせている。度重なる災害で何度も焼失したが、その都度商人たちにより再建され続け、今もなおその役割を果たしている。長い間川越の町を見守っていたその鐘の姿からは、歴史の深さを感じることができる。

平成8年には、環境省の「残したい日本の音風景100選」にも選ばれたほど、響きのいい音色を誇る。午前6時、正午、午後3時、午後6時の4回が鐘の鳴るタイミングだ。

夜のライトアップも幻想的で、カップルから高い人気を集めている。

店名・
施設名

時の鐘

ジャンル 観光名所, 歴史的建造物
電話番号

049-222-5556

住所 埼玉県川越市幸町15-2
アクセス

本川越駅から徒歩で約16分

東武バス 一番街から徒歩1分

営業時間

常時開放

設備

利用料金

見学自由

定休日

無休

カード

電子マネー
禁煙・喫煙

駐車場

なし

Wi-Fi

なし

子供連れ

公式サイト https://www.koedo.or.jp/miru-asobu/99/

時の鐘の評価・口コミ

taroukasa,

川越の小江戸の中でも有名な一番街。その通りから少し奥まった場所にありますが、ひときわ高くそびえ立っているのですぐわかります。木造の鐘つき堂(鐘楼)で非常に趣があります。ちなみにその先に「おさつチップ」がインスタ映えすると有名になった「小江戸おさつ庵」 があります。

口コミ・画像を投稿

Loupeは、誰でも自由に口コミが投稿できます。さっそくログインして、時の鐘 の評判・口コミを教えてください。

新規登録 ログイン

時の鐘が掲載された記事

各種情報

編集履歴・情報

  • 更新日2019年03月19日
  • 公開日2018年11月12日