Loupe

擬態に特化した生物に注目。サンシャイン水族館で開催中の「化ケモノ展」で生物の神秘に触れよう!

サンシャイン水族館で催されている「化ケモノ展」が2019年2月11日(月・祝)まで延長されることが決まった。

当初は2018年11月25日(日)までの予定であったが、今回のコンセプト「擬態に特化した生物の展示」が好評であったため継続が決定。期間中にぜひ訪れてみよう。

約30種類の生物を紹介。擬態を間近で観察できる

アフリカオオコノハズクと呼ばれるフクロウは身の危険が迫った時、その体を細く変化させ木の枝に擬態する。また、ミツヅノコノハガエルという名前のカエルはその尖った目と鼻先、そして茶褐色の全身で枯れ葉にカモフラージュ。

このように擬態を行う生物は、体の形状を周囲の岩や葉・枝などに似せて身を守ったり、毒がある生物と同じ模様に体を変化させて、相手に警戒心を与える。

今回の「化ケモノ展」では、多種多様な生物が擬態する様子を間近で見ることができる。

4つのゾーンに分かれる展示。陸上・海の生き物を探索してみよう

来場者が「擬態」を理解しやすいように会場は4つのゾーンに分かれている。まず「擬態解説」のゾーン。ここでは様々な生き物の展示を通して擬態の仕組みや種類を学べる。

「惑わしの森」のゾーンでは、擬態している生物を実際に探索しながら、その生態を観覧することが可能。

「騙しの海」のゾーンにおいては擬態のベテランとして知られるヒラメをはじめ、陸上の生物とは一味も二味も違った擬態をする海の生き物にスポットライトを当てている。

最後のゾーンは「番外編」。ここでは擬態とは違ったアプローチで生存競争に身を置く生き物の、ユニークかつたくましい姿を知ることができる。

サンシャイン水族館内の「カナロア カフェ」、そして「ショップ アクアポケット」にはこのイベントにぴったりのメニューやグッズが用意されている。

<基本情報>
サンシャイン水族館特別展「化ケモノ(ばけもの)展」
開催期間:2018年6月28日(木)〜2019年2月11日(月・祝)
時間:10:00〜21:00
※2018年9月25日(火)〜2019年2月11日(月・祝)は10:00?18:00。
※最終入場は終了30分前。
※水族館本館の営業時間に準じ変更となる。
会場:サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上 特別展会場
料金:600円
※水族館本館の利用者および水族館・展望台の年間パスポートの所持者、対象施設(※1)・イベントの利用者は400円。
(※1)SKY CIRCUS サンシャイン60展望台/コニカミノルタプラネタリウム”満天”/古代オリエント博物館/ナンジャタウン/J-WORLD TOKYOなど
※混雑の状況により、整理券を配布する場合あり。