Loupe

「美女と野獣」ドレスの展示も。貴重な資料を見ることができる日本初『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展』を赤レンガ倉庫にて開催

2018年12月19日(水)から2019年1月20日(日)まで横浜赤レンガ倉庫1号館にて『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~』を開催。

ウォルト・ディズニーが生涯をかけて、人々に夢と感動を与え続けた作品のアーカイブスが神奈川・横浜に集結。ディズニー好きにはたまらない展覧会だ。

約420点の貴重な資料を展示

「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」は1970年に、ウォルト・ディズニーとウォルト・ディズニー・カンパニーについての史料収集や保存、資料調査部門として設立された。

展覧会では、ウォルト・ディズニーがこれまでに生み出してきたコレクションから選び抜かれた約420点を展示。一部は撮影でき、写真に残すことも可能だ。

映画で実際に使われたドレスや小道具も

2017年に公開され、大ヒットを記録した「美女と野獣」。そのダンスシーンで、エマ・ワトソン演じるベルが実際に着用した衣装も展示。他にも同作品中の様々なキャラクター、ルミエールやコグスワース、ポット夫人などの衣装や小道具が並ぶ。

さらに、「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」でジョニー・デップが身に付けた衣装や小道具も展示されるため、見逃せない。

ディズニーの物語はここで生まれた

夢の世界を生み出してきたウォルト・ディズニーの仕事部屋を隅々まで再現。ディズニーの作品を見ながら、彼が過ごした仕事場を身近に感じることができる。

また、会場の至る所にいるアーカイブス・スタッフが、ディズニーのトリビア話をこっそり教えてくれるかも。

〈基本情報〉
会期:2018年12月19日(水)~2019年1月20日(日)
時間:10:00~20:00(入場は19:30まで)
※会期初日の12月19日(水)は15:00~20:00
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
入場料:一般1,500円・前売り1,300円、高大生1,200円・前売り1,000円、中学生から3歳まで800円・前売り700円、2歳以下無料。(すべて税込)
※チケット料金は後日公式ウェブサイトにて告知。
【お問合せ】アーカイブス展赤レンガ倉庫事務局 03-5777-8600(全日 8:00~22:00)