Loupe

ペリエ メゾンのシャンパーニュガーデンが9月26日からシャネル銀座ビル屋上テラスにて期間限定オープン

ビアガーデンならぬシャンパーニュガーデンが今秋銀座のビルの屋上にオープンする。

10月31日までの期間限定で、シャネル銀座ビルディングにあるフレンチレストランの屋上テラスに高級メゾン「ペリエ ジュエ」が提供する特別な時間を過ごす事ができる優雅なシャンパンガーデンがオープンするのである。

ペリエ ジュエとベージュ アラン・デュカス東京が作り出す優雅な空間2>

フランス料理界を牽引するシェフであるアラン・デュカスがシャネルとコラボレーションしたフレンチレストラン「ベージュ アラン・デュカス 東京」には「ル・ジャルダ ン・ドゥ・ツイード」と呼ばれる屋上テラスがある。

この屋上テラスは通常でも高級感のある素敵な雰囲気を味わえるが、この素敵な空間をより一層優雅に過ごすことができるのが今回のシャンパーニュガーデンだ。

シャンパーニュの芸術といえば1811年からシャンパンを創り続けている高級メゾンの「ペリエ ジュエ」である。ボトルに描かれているアネモネの花はアールヌーボーの巨匠エミール・ガレが手がけたものであり、シャンパーニュの芸術と呼ばれるに相応しい気品と優美さを兼ね備えている。

今回のシャンパーニュガーデンでは、そんな「ペリエ ジュエ」が作り上げる最高のシャンパーニュである「ペリエ ジュエ エポック」を始めとした3種類のシャンパーニュが、グラス1杯から味わうことができるのだ。

銀座で体験できるペリエ ジュエの世界




このシャンパーニュガーデンでは、ただ単に良いシャンパーニュを味わえるだけではない。非日常的な空間でプライベートな時間を過ごしているかのような雰囲気を味わえる演出が用意されているのだ。

それが「ペリエ ジュエ」のシャンパーニュをオーダーするとアネモネの花が描かれた高級感のあるペリエ ジュエ ワゴンでシャンパーニュが運ばれてくるという演出である。

また、ワゴンだけでなくシャンパーニュガーデンの会場全体で「ペリエ ジュエ」の世界を表現しており、10月31日までのシャンパーニュガーデン期間中は「ペリエ ジュエ グラン ブリュット」と「ペリエ ジュエ ブラゾン ロゼ」、そして「ペリエ ジュエ ベル エポック 2011」の3種のシャンパーニュをオーダーすることができる。もちろんグラスでのオーダーだけでなくボトルでオーダーすることも可能だ。

シャンパーニュガーデンの詳細




「ペリエ ジュエ」のシャンパーニュで優雅で非日常の時間を過ごすことができるシャンパーニュガーデンは、2018年9月26日から10月31日までの期間限定で開催される。

会場はベージュ アラン・デュカス東京の屋上にある「ル・ジャルダン・ドゥ・ツイード」。営業時間は昼が11時30分から午後3時まで(午後4時クローズ)で、夜は午後5時30分から午後8時30分(午後10時クローズ)だ。

定休日は毎週月曜日と火曜日となっており、予約は不要だがテラスで開催されるため天候次第ではクローズとなる場合もあるので、問い合わせを行う場合にはベージュ アラン・デュカス東京(03-5159-5500)に連絡すると安心だろう。

なお、シャンパーニュガーデンで提供される「ペリエ ジュエ」のシャンパーニュの種類と価格は以下の通りだ。


「ペリエ ジュエ グラン ブリュット」2,200円(グラス) / 16,000円(ボトル)

「ペリエ ジュエ ブラゾン ロゼ」2,900円 (グラス)/ 19,000円(ボトル)

「ペリエ ジュエ ベル エポック」2011 4,600円 (グラス)/ 34,000円(ボトル)

テラスでは飲み物のみの提供にはなるが、6歳以上であれば来店が可能であるため記念日に家族でシャンパーニュガーデンを訪れ、非日常的な優美な空間で家族の時間を過ごすのも良いのではないだろうか。